第一生命保険株式会社は、国内生命保険事業の成長戦略「一生涯のパートナー With You プロジェクト」の一環として、5年ごと配当付生存保障重視型個人年金保険「とんちん年金『ながいき物語』」を、2017年3月17日より発売しました。

近年、日本人の平均寿命は年々上昇しており、厚生省の調査では、2015年には男性約80.7歳、女性約87.0歳であり、さらに死亡者数がピークとなる年齢は平均寿命よりも約5歳高く、5人に3人は平均寿命を超えて長生きする結果になっています。そこで第一生命は、「人生100年時代」の到来に向けて、ますます長くなるセカンドライフを安心して過ごせるよう、長生きのための新しい個人年金保険を開発することとなりました。

「とんちん年金『ながいき物語』」はトンチン制(死亡時の受取額を抑えることで、その分生きている他の加入者の年金額を大きくするしくみ)を高めた長生きのための個人年金保険で、以下のような特徴があります。
1.年金支払開始日前に死亡または解約した場合の受取額を抑える(払込保険料相当額の7割)ことで、年金額を大きくしています。
2.確定年金(5年、10年、15年)だけでなく、10年保証期間付終身年金を選ぶことができます。(年金額は加入時に確定します。)
3.契約年齢は、50歳から80歳までで、医師の審査や告知無しで申し込むことができます。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_090.pdf