第一生命保険株式会社は、資産運用高度化に向けた取組みの一環として、2013年度より国内のプロジェクトファイナンス等に積極的に取り組んできましたが、今般、同社初となる案件組成(入札)段階からのプロジェクト参画およびメザニン投資案件として、英国における高速鉄道線路コンセッションプロジェクト「High Speed 1」への投資(約45億円)を決定したと発表しました。

「High Speed 1」は、ロンドンと英仏海峡を結ぶ高速鉄道線路(109km)と、駅や関連施設などの運営・維持を行う官民連携のプロジェクトです。同社はこれまで培ってきた投資ノウハウで、早い段階からプロジェクトに参画し、通常の債権よりリスクが高いものの高いリターンが得られるメザニン部分*への投資が可能となったため、相対的に高い利回りが期待できるということです。

なお、同社は初の豪州案件として、海水淡水化プロジェクト「Victorian Desalination Projectへの投資(約 44 億円)も決定したと発表しています。

* 「メザニンとは、負債と株式の中間の性質を有する資金調達形態を指し、元利払いや清算時の弁済順位が通常の債務(シニア債務)に劣後し、株式に優先するという特性を持ちます。当社は、High Speed 1 株式を取得・保有する中間持ち株会社のシニア債務に投資を行いましたが、その返済原資は High Speed 1 からの配当収入に依拠します。したがって、当社投資分は High Speed 1 の債務に対して弁済順位が実質的に劣後したメザニン部分への投資となります。」
(同社プレスリリースより)