第一生命保険株式会社は2018年11月16日、熊本県と、地域社会の発展と県民サービスの更なる向上を目的として包括連携協定を締結したと発表しました。

同社は熊本県と2013年1月に「熊本県がん予防対策企業等連携協定」を締結し、がん検診受診率向上に向けた取組みを行ってきました。また2017年8月には熊本県警察本部と協定を締結し、同社社員が「くまもと見守り隊」として振り込め詐欺などの特殊犯罪の未然防止に向けて活動しています。2016年4月の熊本地震以降は、復興と地域貢献にも取組んでいます。この度、共通の思いである「地域社会の発展」と「県民サービスの更なる向上」、そして「熊本地震からの復興の加速化」を目指して、包括連携協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、包括連携協定項目は以下の通りです。
(1) 産業振興・中小企業支援に関すること
(2) スポーツ振興に関すること
(3) 健康増進に関すること
(4) 地域・暮らしの安全・安心に関すること
(5) 子育て支援、青少年育成・教育に関すること
(6) その他地域社会の発展及び県民サービスの向上に関すること

文: 蟹山淳子