第一生命保険株式会社は、ドイツにおける洋上風力発電設備建設プロジェクトに3000万ユーロ(約35億円)の投資を行うことを決定しました。

風力発電は、再生可能エネルギーとして世界的に導入・普及が進んでいますが、近年では陸上だけでなく、海上に風車を設置する洋上風力発電も急成長しています。今回の投資が行われる欧州においても、毎年建設・稼働が見込まれている状況です。日本では、現在のところ商業稼働する洋上風力発電はありませんが、今後は急速な拡大が見込まれています。このような状況をふまえ、第一生命は海外案件への投資を通じて、将来の国内インフラ投資への貢献できるよう、ノウハウ蓄積を進めていくということです。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_071.pdf