第一生命保険株式会社は、2017年2月22日、岐阜県と県民の健康的な生活の実現と地域の活性化を図ることを目的とした包括連携協定を締結したことを発表しました。

第一生命は、全国の約1,300の営業拠点と、約4万人の社員のネットワークを活用して、全国の自治体と協定を結び、健康啓発や高齢者見守りなどの活動に取り組んでいます。岐阜県においても、これまで県内市町村との連携協定を結び、県民の健康づくりや安心作りに向けて取り組んできましたが、この度、包括連携協定を岐阜県と締結することで、より多くの分野で協働し、「県民の健康的な生活と地域の活性化」の実現を目指していくということです。包括連携協定項目は以下の5つです。

(1)健康づくり・がん対策の推進に関すること
(2)「スポーツ立県・ぎふ」の推進に関すること
(3)学校教育に関すること
(4)ワーク・ライフ・バランスの推進に関すること
(5)中小企業支援に関すること

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_084.pdf