第一生命保険株式会社は、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)及びUTEC Partners有限責任事業組合が共同で運用する「UTEC4号投資事業有限責任組合」に対して、10億円の投資を決定したと発表しました。

同社によれば、大学発ベンチャーファンドは「大学や研究機関等の研究成果を活用したベンチャー企業への投資を行うファンドであり、連続的にイノベーションが創出される「ベンチャー・エコシステム」の形成に寄与することが期待されています。」同社は、これまでも2016年7月に「慶應イノベーション・イニシアティブ1号投資事業有限責任組合」(運用会社:株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ)へ、2017年11月に「みやこ京大イノベーション投資事業有限責任組合」(運用会社:みやこキャピタル株式会社)へ投資をしており、今回はそれらに続く大学発ベンチャーファンドへの投資の第三弾となります。

同社は、イノベーションの担い手と期待される大学発ベンチャー企業を資金面から支援し、社会課題の解決につながる新技術の創出に貢献するとともに、高い投資収益を得ることを目指しており、今後もリスク・リターン特性を十分考慮しながら、社会課題解決ならびに生命保険事業全般へ貢献できるベンチャー企業への投資に積極的に取り組んでいくということです。