第一生命保険株式会社は、団体年金事業部門において、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」の認証を、2017年4月21日に取得したことを発表しました。

ISMSとは、「国際標準化機構」が定めている、情報セキュリティを管理する仕組みについての国際規格です。情報セキュリティマネジメントについて一定の水準を満たし、情報セキュリティ管理体制を構築した場合に認められる認証規格です。第一生命は、団体年金事業部門で、契約者から預かる顧客・団体情報等を厳しく管理して業務に取り組み、付加価値の高いサービスが提供できるよう、ISMSの認証を取得しました。

また、企業年金事務においてノウハウや人材が不足している企業に対し、企業年金関連システムへの入力代行や計算書類の作成などの事務を、一部代行する有料サービスを開始しました。