第一生命保険株式会社は、住宅ローン等の借入予定者が団体信用生命保険に申し込む際の新たな手続き方法として、インターネットを利用したサービス「ネットDe団信」の取り扱いを開始すると発表しました。

団体信用生命保険とは、金融機関等が住宅ローンの債務者などを被保険者として、被保険者が死亡した場合などに支払われる保険金を、ローン債務の弁済に充当する保険です。これまで、住宅ローン等の借入予定者は、金融機関等を経由して書面で団体信用生命保険の手続き書類を提出していましたが、このサービスを利用することで、インターネットで直接同社と手続きすることができるようになります。そのため、加入診査の所要期間が大幅に短縮され、利便性の向上が期待されます。

なお、「ネットDe団信」は第一生命が単独引受または事務幹事として引受けている団体信用生命保険が対象となり、「ネットDe団信」を採用している金融機関等の住宅ローン等の借入予定者が、利用することがきます。