第一生命保険株式会社は、2011年から推進している「全国の当社保有ビルへの保育所誘致の取組み」の一環として、2018年4月に同社初となる企業主導型保育所1箇所と認可保育所3箇所を誘致しました。

同社は、「豊かな次世代社会の創造」に向けた取組みの一つとして、保育所入所待機児童問題解消のため、「保有ビルへの保育所誘致」を推進しています。このたび、2018年4月に米子第一生命ビルディング(鳥取県米子市)、旧・王子分室(東京都北区)、旧・元住吉分室(神奈川県川崎市)に新たに保育所を誘致するとともに、2013年に小規模保育所を誘致した桜台分室(東京都練馬区)を認可保育所に移行し、定員を増員することになりました。

今回の保育所誘致で、同社保有不動産にある保育所は21箇所となり、受入可能児童定員数は 1,224名になりました。全国保育所入所待機児童数(2011年4月時点)の約1割に当たる2,500名の児童受け入れに向け、これからも同社保有不動産への保育所誘致を継続していくということです。

文: 蟹山淳子