第一生命保険株式会社は、オリックス不動産投資顧問株式会社を運用会社とする投資ファンドを通じた物流施設(市川塩浜ロジスティクスセンター)へ約68億円を投資すると発表しました。

第一生命では、保有不動産ポートフォリオの中長期的な収益性・資産価値の向上、リスク抑制の観点から、大規模オフィス、都心の賃貸マンション、中規模オフィスなど投資対象の多様化を進めています。今回の物流施設への投資も分散投資を推進する取組の一環です。インターネット通信販売市場の成長で、国内の物流施設需要は拡大しています。そのため、競争力の高い物流施設へ選別投資を進めることで安定的な収益を獲得できると考え、今回の投資を決定することとなりました。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_079.pdf