第一生命保険株式会社は、ミャンマー連邦共和国投資企業管理局(DICA)よりヤンゴン市における駐在員事務所を設立したと発表しました。

近年、ミャンマーは急速な経済成長を遂げていますが、生命保険市場に関しては、2013年に初めて民間保険会社が設立され、まだ草分け期と言えます。ただ、持続的な経済発展と、約5000万人の人口を背景として将来的な生命保険市場の発展が期待できます。そこで第一生命は、ミャンマーの金融・経済情勢や生命保険事業に関する調査等を行うため、2017年3月29日にヤンゴン市に駐在員事務所を設立したということです。