第一生命保険株式会社は、米ドル建貸付債権の譲渡を受ける形で、カタールにおける天然ガス処理プラント設備建設プロジェクトに約57億円の投資を行うことを決定しました。

中東地域におけるプロジェクトファイナンス案件へ第一生命が投資するのは、初めてです。今回の投資については、対象プロジェクト自体の分析・評価を行うだけでなく、信用補完を踏まえることを投資基準としており、裏付けとなる貸付債権は、日本政府100%出資の輸出信用機関である株式会社日本貿易保険(NEXI)による貿易保険が付保されています。

第一生命は、今後もNEXIによる貿易保険付保融資に取り組み、投資を拡大していきたいということです。