楽天生命保険株式会社は、2017年7月1日に先進医療の技術料を楽天生命が直接医療機関に支払う直接支払サービスの内容を拡充することを発表しました。

楽天生命では、2015年に「陽子線治療」については、先進医療給付金を医療機関に直接支払うサービスを開始していますが、この度、「重粒子治療」に関してもこのサービスを実施することになりました。これにより、「重粒子治療」を受ける契約者が、技術料を建て替える負担が無くなり、安心して治療に専念できることが期待されます。また、利用できる医療機関も、従来の2機関から16機関と大幅に拡充します。