楽天株式会社は、ペット保険を主な事業とする「もっとぎゅっと少額短期保険株式会」社の発行済み全株式を取得し完全子会社化することにつき「キャス・キャピタル株式会社」が運営を受託する投資事業有限責任組合「キャス・キャピタル・ファンド六号」との間で合意したと発表しました。

「もっとぎゅっと少短」は、ペット(犬・猫)が動物病院で治療や手術を受けた際の費用を補償する少額短期保険会社です。楽天は、2018年1月に損害保険業を営む朝日火災海上保険株式会社の株式取得を発表していますが、さらに取扱いのなかったペット保険事業を営む「もっとぎゅっと少短」を加えることで、保険商品のラインナップを広げ、楽天グループの企業価値を高めていくということです。

なお、本取引は、関連当局の承認および株式譲渡契約上の諸条件の成立を前提に2018年3月30日に完了し、「もっとぎゅっと少短」は社名を「楽天少額短期保険株式会社(略称:楽天少額短期保険)」に変更する予定です。