東京海上日動火災保険株式会社と、株式会社NTTデータは保険証券へブロックチェーン技術を適用させるための実験を、2016年12月から2017年3月の予定で開始したと発表しました。

東京海上の発表によると、外貨貨物海上保険は、保険証券が譲渡され、銀行などの貿易関係者の仲介で国際的に流通します。ですが、紙の書類の状態での流通が多くあり、手続きに時間がかかることと併せ、紛失リスクがあることも課題となっています。

ブロックチェーンはネットワーク参加者間ででデータを共有化することで、連携を容易にし、データ更新時に参加者間の合意を取ることで、偽装や改ざんができないようにするものです。東京海上日動は、ブロックチェーン技術を利用した保険証券流通の研究を進めてきましたが、この度、国際貿易取引全体を対象としたブロックチェーン技術の活用を研究している、NTTデータと共同での研究を開始したものです。

今回の実験では、外貨貨物海上保険における保険証券の電子化や、電子化した保険証券の流通を実施した場合の、セキュリティ性、実業務への適用可能性、コスト削減の効果を検証するものです。ブロックチェーンでの保険証券の流通で、人的コストや書類の送達コストは大きく削減できることが期待されています。実証実験で得られた結果については、改めて発表を行う予定ということです。