東京海上日動火災保険株式会社は、日本初の金融オープンイノベーション拠点「The FinTech Center of Tokyo, FINOLAB」に保険会社として初めて参画をすると発表しました。

同社プレスリリースによれば「FINOLABは、世界有数の国際金融センターである東京・大手町エリアを拠点とする、FinTechのエコシステムの形成および新規ビジネス創出を目的としたコミュニティ&スペースです。三菱地所株式会社、株式会社電通、および株式会社電通国際情報サービスが共同運営し、国内外のスタートアップ 39 社および事業法人9社が会員として参画しています。(2017年8月現在)」

同社はFINOLABに参画することによって、新たなサービスやビジネスモデルを創出するとともに、FinTechに関するエコシステムの発展に貢献していきたいということです。