東京海上日動火災保険株式会社は、昨今の低金利情勢を踏まえ、2017年10月より財形保険について、予定利率改定を実施すると発表しました。

同社の財形保険の予定利率は現在1.00%ですが、2017年10月以降は0.50%に変更します。財形保険は既に加入している契約にも予定利率の改定を適用することが規定されているため、2017年9月30日以前の保険契約も含めて、2017年10月1日以降の積立金額等の計算には一律で予定利率0.50%が適用されるということです。

なお、財形保険は積立期間が短い場合には解約返戻金が元本割れする期間が生じます。今回の改定により、毎月同額を積み立てるケースでは元本割れ期間は40か月となります。