東京海上日動火災保険株式会社は、農業の様々な経営合理化、農業の国際認証、及び農業に関わる金融面に専門性を有する農業ベンチャーである株式会社ファーム・アライアンス・マネジメントと、「農業を通じた地方産業の活性化と地方創生の推進に向けた連携と協力に関する協定」を締結すると発表しました。

同社は、2016年7月に地方創生室を設置し、地方経済の活性化に向け、インバウンドビジネス支援、中小企業への事業継続計画支援、農業支援、海外展開支援などを行ってきました。農業分野は、地方経済を活性化するための重要な核ですが、人口減少、高齢化、国内農業生産額の減少など、厳しい環境にあります。そこで、農業ベンチャーであるファームアライアンス社と連携・協力して、地方の農業の成長を支援することとなりました。

同社プレスリリースによれば、主に取り組む項目は以下の通りです。
(1)農業者に対するGFSI(Global Food Safety Intiative)が認める国際認証の取得支援
(2)フランチャイズ方式等を用いた上記(1)の取組みの全国への展開検討
(3)各種支援団体とのマッチング等による販路拡大支援、6次産業化の支援および損害保険商品の検討・開発
(4)地方自治体や地域関係団体等との共催による農業関連セミナーの開催