東京海上日動火災保険株式会社と東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(TRC)は、近年の訪日外国人のレンタカー事故増加を背景に、2017年10月中旬よりレンタカー事業者向けに訪日外国人のレンタカー利用に対する事故削減ツールやコンサルティングサービスの提供を開始したと発表しました。

国土交通省によると、近年レンタカーを利用する訪日外国人は、2011年から 5年間で約 4倍に増加していますが、それに伴い、訪日外国人が関係するレンタカーの事故も増加しています。そこで、同社は訪日外国人の運転リスクに関する独自調査・分析を行った結果、背景には日本との交通教育や交通環境の違い、運転習慣の違い等があると判明したということです。

コンサルティングサービスは、まず訪日外国人の運転リスクに関する調査結果を無償提供し、対策ツールや、個社ごとに分析できるツールを提供します。さらに、TRC が実際の店舗を訪問の上、レンタカー貸し出し時の説明方法を調査・評価し、そこで得られた課題に対して、リスク実態に即した改善案を提示します。