東京海上日動火災保険株式会社は株式会社 Liquidが実施する第三者割当増資を引き受け、資本業務提携契約を締結したと発表しました。

東京海上グループはデータ解析やAIなどのテクノロジーを活用した「InsurTech(インシュアテック)」に取り組んでおり、テクノロジーを活用した革新的商品・サービスの開発および販売、業務の生産性の向上を重点課題としています。そこで、東京海上日動は生体認証のみでの本人認証・決済サービスの商用化に成功したLiquid社と業務提携することとなりました。今後、Liquid社の生体認証技術を活用し、保険契約手続きの簡素化・高度化、新たな保険商品・サービスの開発・普及などの検討を進める予定であるということです。

文: 蟹山淳子