東京海上日動火災保険株式会社と株式会社NTTデータは、外航貨物海上保険における保険金請求へのブロックチェーン技術適用に向けた実証実験(2017年11月~2018年8月)を完了したと発表しました。外航貨物海上保険における保険金請求プロセスへのブロックチェーン技術の適用を、世界8拠点で完了したのは国内初。国際的にも先駆的な取り組みであるということです。

海外で貨物事故が発生した際に、事故対応を行う海外クレーム代理店が迅速に保険金の支払い手続きを行うには、世界中に点在する貿易関連書類や最新の保険証券に収集や、関係者との情報共有をいかに迅速かつ正確に実施できるかが課題となります。
そこで、東京海上日動とNTTデータは、外航貨物海上保険における保険金請求プロセスへブロックチェーン技術適用するための共同実証実験を行いました。具体的には、事故報告書や貨物の損傷写真、Invoice(商業送り状)等の実際の保険金支払業務で利用したデータをブロックチェーン上に流通させ、8拠点(ドイツ、オランダ、米国、チリ、中国、台湾、韓国、タイ)の海外クレーム代理店と鑑定会社へ共有され、保険金支払いプロセスに利用できるかを検証しました。
また、技術面では、貨物の損傷写真やサーベイレポート(鑑定結果の報告書)等大容量データが、ブロックチェーン上で共有できることが確認できました。さらにアクセス性能や業務効率性の観点からの検証も行われたということです。

今回の実証実験により、外航貨物海上保険の保険金請求プロセスへのブロックチェーン技術を適用することが有効であると確認できたため、両社は、実験から得た課題への対応を検討し、2019年度中の一部実用化を目指して、取り組んでいくということです。

文: 蟹山淳子