東京海上日動火災保険株式会社と株式会社NTTデータは、2016年12月に開始した保険証券へブロックチェーン技術を適用するための実証実験が完了したことを発表しました。

外航貨物海上保険は、主に紙書類による保険証券が売り手から、他国へ譲渡されるため、貨物の買い手への到着までに時間がかかるとともに、紛失リスクがあることなどが課題となっています。「ブロックチェーン」は、データの対改ざん性を確保した上でネットワーク参加者間での情報共有を可能にする分散ネットワーク技術です。東京海上日動とNTTデータは外航海上保険における保険証券の領域へのブロックチェーン技術を適用するための実証実験を、2016年12月から2017年3月にかけて行いました。

東京海上日動によれば、今回の実験で実証できた主な結果は以下の通りです。
1.本実験では、実際のブロックチェーン上において、関係者の適切なアクセス性能、業務効率性、セキュリティー性能について各種の検証を行い、いずれも当初の仮説を実証することに成功しました。
2.各種のコスト削減効果についても測定することができ、当初の目的を達成しました。
3.L/C、Invoice、B/Lをブロックチェーンによって電子化された場合には、貿易関係者の業務効率が向上し、到着港における貨物の引き取りが促進されることから、保険会社の算定する港湾における貨物集積リスクが減少し、危険負担コストの減少につながることも確認されました。

今後、東京海上日動は、実証実験から引き出された課題の解決を目指すとともに、他業態への貿易取引におけるブロックチェーン活用に向け、NTTデータが設立を目指すコンソーシアムへの参画を検討しているということです。