東京海上日動火災保険株式会社は、2017年10月1日より「サイバーリスク総合支援サービス」の新たなサービスとして、「ベンチマークレポートサービス」の提供を開始すると発表しました。

同社では 2015年10月より「サイバーリスク総合支援サービス」として、平時のリスク診断や専門事業者のご紹介、顧客向けの各種情報提供等を行ってきました。今回、同社のサイバーリスク保険加入者への情報提供を強化し、更なる事故削減を推進するため、「サイバーリスクベンチマークレポート」を無料で提供することとなりました。

「サイバーリスクベンチマークレポート」は、米国シリコンバレーのサイバーリスク分析プロバイダーであるサイエンス社と提携し、サイバーリスクの要因を様々な角度で分析したもので、以下のような特徴があります。
(1)契約者のリスク実態に即して分析し、スコアリングします。
(2)攻撃者の視点から契約者のサイバーリスクを多角的に分析しています。
(3)業界内における契約者のリスクをベンチマークします。
(4)契約者のリスク推移を定期的に把握し、対策の立案に役立てることができます。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/170818_01.pdf

文: 蟹山淳子