朝日生命保険相互会社は、営業活動の効率化と成約率の向上を目指し、日本アイ・ビー・エム株式会社が提供するデータ分析システム「IBM SPSS Modeler*」を導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発したと発表しました。

同社は、2012年より顧客データを統合したシステム「ACTION」を稼働させ、蓄積したデータを分析して営業活動に役立ててきました。2016年にはデータ分析システム「IBM SPSS Modeler」を試験導入して、これまでに蓄積したビッグデータを分析し、加入意向が高いと判断された顧客と、その他の顧客を比較しました。その結果、システムで抽出された顧客の方が成約率が高いという結果を得ることができたため、営業活動に本システムを組み込んで展開することとなったものです。

今後は、営業職員が顧客に勧める商品を、データ分析結果から示すなどのしくみ構築を目指すということです。

* データ分析システム「IBM SPSS Modeler」
「IBM SPSS Modeler」は、高度なデータ分析のための統計解析ソフトウェア。大量のデータから正確な予測モデルを素早く構築し、企業や個人のより良い意思決定を支援します。すぐれたデータ加工機能、高度なデータ分析アルゴリズムを搭載し、グラフィカルな対話型ユーザーインターフェースで直感的に操作することができます。
(同社プレスリリースより)