朝日生命保険相互会社は、2019年1月より住所変更や名義変更などの保全手続きを電子化(保全手続きの最大98%が対象)すると発表しました。

手続きは、富士通株式会社と富士通クライアントコンピューティング株式会社が開発したタブレット型営業用端末「スマートアイ」で行います。端末画面上で記入漏れなどのチェックを行い、その場で手続きを完了できるようになります。

本人確認の際は、従来は運転免許証などのコピーの提出が必要でしたが、株式会社PFUが開発した「DynaEye 本人確認カメラ OCR」を採用したことで、運転免許証などを「スマートアイ」で撮影して氏名・生年月日などを読み取り、朝日生命の登録情報と自動的に照合することができます。

また、請求データは自動でシステムへ登録されるため、本社の査定・入力業務を省略し、本社事務の効率化が期待されます。

文: 蟹山淳子