明治安田生命保険相互会社は、2018年2月2日に、栃木県と地方創生に関する包括連携協定を締結したと発表しました。栃木県が、生命保険会社と複数の分野で協働するための包括連携協定を締結するのは今回が初めてということです。

同社プレスリリースによれば、連携事項は以下の通りです。
(1)地域産業の振興・支援に関すること
  ・当社社屋における物産展開催等による県産品のPR
  ・テスト販売等への協力による6次産業化商品の支援 など
(2)県ブランド及び観光の振興に関すること
  ・県ブランドロゴの使用によるPR など
(3)健康の増進に関すること
  ・「健康長寿とちぎ応援企業」への登録 など
(4)スポーツの振興に関すること
  ・Jリーグクラブ「栃木SC」と連携した試合時における県事業のPR など
(5)子育ての支援及び青少年の健全育成に関すること 
 ・結婚支援センター応援企業への登録など結婚支援に関する取組みの実施
  ・「栃木SC」協力のもと、小学生向けサッカー教室等の開催 など
(6)高齢者及び障害者支援に関すること
  ・「栃木SC」の試合会場における健康啓発イベントの実施 など
(7)地域及び暮らしの安全安心に関すること
  ・子ども、高齢者等の見守り活動の実施 など
(8)その他、地域の活性化及び県民サービスの向上に関すること
  ・「とちぎ女性活躍応援団」への登録 など