明治安田生命保険相互会社は、2017年4月にスタートした明治安田生命3ヵ年プログラム「MYイノベーション2020」の中核となる取組みとして、従来の商品・サービスの枠を超えて「加入者(個人、企業・団体)」「地域社会」「働く仲間(自社従業員)」の継続的な健康増進を支援する、新たなプロジェクトをスタートすると発表しました。

同社によると、新たな健康増進プロジェクトは、以下の3つの分野で展開します。
(1) 健康増進商品
 ・ 健康増進に向けた加入者の取組みを支援する新商品を2019年4月に発売する予定です。
 ・ 新商品では、毎年の健康診断等の結果に応じた健康増進インセンティブを受けることができます。
(2) 健康増進サービス(主に加入者向け)
 ・ 先進的な「検査」の取次ぎや優待を受けられます。
 ・ 郵送検診や⼈間ドックの優待などを受けられます。
 ・ 企業や団体向けの健康経営⽀援サービスが提供されます。
(3)健康増進アクション(未加入者を含めた地域の顧客)
 ・ Jリーグ等との協働によるウォーキングイベントが開催されます。
 ・ 健康増進セミナーなどを通じて早期発見のための検査や治療方法に関する情報提供を受けられます。
 ・ “セルフ健康チェック”機会が提供されます。

同社は、グループ内の研究機関や外部機関等と連携して、健康・医療関連データの蓄積・分析等を進め、商品開発等など基幹機能の高度化にも取り組み、これまでの「病気になったときのため」の保障にとどまらず、「病気にならないため」「病気を早期発見するため」の取組みを支援し、 “新たな価値”の創造・提供をめざすということです。