明治安田生命保険相互会社は2018年6月2日から、総合保障商品「ベストスタイル」の新たな特約として「給与・家計サポート特約」を発売すると発表しました。

同社によると、単身世帯や共働き世帯が増加するなか、世帯主が働けなくなった場合の生活資金に対する経済的備えについて、約8割の人が不安を感じているという調査結果があります。また、同社が行ったアンケート調査では、約8割の人が就業不能保障を「準備していない」または「わからない」と答えています。そこで、同社は、病気やケガで働けなくなったときの月々の生活費を保障する「給与・家計サポート特約」を開発しました。

同社プレスリリースによれば、「給与・家計サポート特約」の主なポイントは以下の通りです。
(1)⼊院または在宅療養が30⽇間継続した時から毎⽉給付⾦が支払われます。
(2)給付金受け取り開始後は状態継続の有無にかかわらず、1年間支払われます。
(3)どんな病気やケガの場合も給付金受取の対象になります。
(4)支払事由に2回該当するまで保障は継続します

保険料は、例えば月掛口座振替扱、高額割引制度適用(Cランク)、ガン保険料払込免除特約未付加の契約をする場合に、基準給付金月額10万円当たり、30歳男性なら762円、30才女性なら1,156円、また40歳男性なら1,061円、40歳女性なら994円ということです。

文: 蟹山淳子