明治安田生命保険相互会社は「お客さま」「地域社会」「働く仲間(自社従業員)」の健康増進の取組みを継続的に支援するプロジェクトの正式名称と2018年度下期に先行展開する取組みを決定しました。

本プロジェクトの名称は「みんなの健活プロジェクト」と命名し2018年10月から、健康意識の向上と健康知識の習得に向けた社内教育プログラムを開始します。

新たな社内教育プログラムは、同社の約3万人の営業職員への健康知識教育を対象に、2018年10月から健康増進意識の向上と健康関連知識の習得等を目的としており、一定の課目を履修した営業職員を「健活サポーター」として認定するということです。

同社は、健康増進に向けた取組みを営業職員等が「対面のアフターフォロー」を通じて加入者に寄り添い、継続的に応援し、ともに「健康に向けた前向きな活動」に取り組んでいきたいと考えています。プロジェクトは2019年4月の本格展開を予定しています。

文: 蟹山淳子