明治安田生命保険相互会社は、従業員の健康づくりに積極的に関与し、健康増進の取組みをいっそう推進するための「MY健康宣言」を策定したと発表しました。

同社は、2017年4月からの3ヵ年プログラムで、「多様性受容と活躍支援(ダイバーシティ&インクルージョン推進)」に重点を置き、同社で働く一人ひとりが、「誇りとやりがいを感じながら活き活きとチャレンジングに働く状態(ワーク・エンゲイジメント)の実現」をめざして取り組んでいます。

同社プレスリリースによれば、「MY健康宣言」の基本方針は以下の通りです。
明治安田生命では、「働きがい」「働きやすさ」のある職場づくりを追求することを掲げ、「働き方改革」を通じた業務効率化による生産性の向上や労働時間管理の高度化を図るとともに、これらの取組みと連携しつつ、従業員の健康がすべての基盤であるとの認識のもと、以下の3つの取組みを中心に、従業員が自らの健康に対する正しい知識に基づき、積極的に取り組むことができる環境を整備していきます。

この基本方針のもとに「生活習慣病への取組み」「メンタルヘルスへの取組み」「女性の健康への取組み」の3つの取組が定められ、「人に一番やさしい生命保険会社」の実現に向け、取り組み続けるということです。