明治安田生命保険相互会社は、山口県と、株式会社レノファ山口と、三者による包括連携協定を、2017年12月20日に締結したと発表しました。

山口県が、複数分野での協働を目的とした包括連携協定を生命保険会社と締結するのは、今回が初めてということです。この協定の締結で、同社は山口県とレノファ山口と協働して、Jリーグを通じた地域の活性化に取り組んでいくということです。

同社プレスリリースによれば、連携事項は以下の通りです。
(1)Jリーグとの連携による地域活性化に関すること
 ・山口県とレノファ山口、当社が協働で行なう健康増進に資するウォーキングイベントの開催を企画
 ・レノファ山口とJリーグクラブ等との「協定締結記念プレシーズンマッチ(仮称)」の開催
(2)健康寿命の延伸に向けた取組に関すること
 ・県民の健康寿命の延伸を目指す官民連携による共同研究の実施
 ・がん検診や生活習慣病予防に向けた取組のPR
 ・健康経営の取組に関する支援
(3)明治150年プロジェクトに関すること
 ・明治150年及び「山口ゆめ花博」開催にむけたPR活動
(4)産業振興に関すること
 ・山口県の特産品や観光情報のPR
(5)高齢者支援に関すること
 ・地域の見守り活動への協力
(6)障害者支援に関すること
 ・あいサポート企業への登録、あいサポーター研修の受講
(7)その他、地域の活性化及び県民サービスの向上に関すること