明治安田生命保険相互会社は、2019年1月1日から「団体総合就業不能保障保険」を発売すると発表しました。

この商品は、同社の団体保険でこれまで取り扱いがなかった精神障害による就業不能状態の保障が加わったほか、LINEアプリを通じた早期職場復帰サービスや、従業員等が自分で保険料を負担する任意加入型なども加わった新しい団体保険です。

主契約の就業不能給付金は、20・30・40日いずれかの不支給期間を超えて就業不能状態が続いているときに給付金を毎月(最大18回、通算36回まで)受け取ることができます。また、特定精神障害給付特約を付加すれば、所定の精神障害でも給付金を受け取れます。企業・団体の福利厚生制度として導入することで、従業員等の入院・自宅療養が長引いたときの収入減少や生活費の不足をサポートし、職場復帰を応援できる商品です。

文: 蟹山淳子