株式会社日立製作所は、健康診断データやレセプトデータといった医療ビッグデータを活用し、生活習慣病に起因する将来の入院リスクを予測するシミュレーションサービス「Risk Simulator for Insurance」を開発し、2018年10月3日から販売を開始したと発表しました。

このサービスは、同社と第一生命の医療ビッグデータ活用に関する共同研究から得た知見や、日立健康保険組合向け保健事業支援を通じて蓄積したデータ分析ノウハウから独自のAIを開発し、健康診断の数値や生活習慣・服薬に関する問診項目、生命保険加入の際に必要な過去の既往症に関する告知事項など、200以上の要因を組み合わせて、8大生活習慣病による入院の可能性とその日数を予測するほか、標準的な健康状態とのリスクを比較するものです。このサービスを利用することで生命保険会社での保険引き受け基準の妥当性検証や、さまざまな商品開発の検討に利用できるということです。

文: 蟹山淳子