日本銀行は、日本銀行員を装い現金をだましとろうとするなどの事件が発生したことを踏まえ、注意喚起の案内を公表しました。

「預金口座が危険にさらされている」など不安を煽るようなことを言い、下記のような事件が発生しているとのことです。
・金融機関名や口座番号、暗証番号を聞き出す
・通帳やカードを交付させる
・預金口座から現金を引き出させる
・「警察の捜査に協力してほしい」などと言って、現金を騙しとろうとする

日本銀行は、職員が金融機関の口座番号や暗証番号を聞いたり、金融機関のカードや現金を預かったりするようなことは一切ないとしています。不審な電話等を受けた場合は、最寄りの警察や金融機関等へ相談するようすすめています。