日本生命保険相互会社はと鳥取県は、「鳥取県と日本生命保険相互会社との包括連携に関する協定」を、2017年11月20日に締結しました。

同社は、長寿社会をサポートする「Gran Age(グランエイジ)プロジェクト」を展開し、商品やサービスの提供だけでなく、全役職員が地域社会への貢献活動を行っています。そこで、鳥取県と同社が相互に連携し、地域の活性化や県民サービスの向上に努めるため、今回の包括的連携協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定項目は以下の通りです。
(1) 健康増進(特にがん対策)の支援に関すること
(2) 子育て支援及び子ども・少年の健全育成に関すること
(3) 暮らしの安全・安心に関すること
(4) 障がい者・高齢者の支援に関すること
(5) 環境保全等に関すること
(6) その他、地域の活性化・県民サービスの向上に関すること