日本生命保険相互会社と長野県は、健康長寿の地域づくり、子ども・若者支援等における「包括的連携協定」を提携することを発表しました。

日本生命は「人生100年時代」を安心して自分らしく過ごすことができる社会づくりをサポートするため、『Gran Age(グランエイジ)プロジェクト』を展開しています。このプロジェクトの中で、商品サービスの提供だけでなく、営業職員を通じた社会活動を行っていくということです。協定項目は以下の8つです。

(1)健康長寿の地域づくりにおける連携協力
(2)結婚・出産・子育てへの支援に関すること
(3)いきいきと安心して暮らせる社会づくりに関すること
(4)県民生活の安全確保に関すること
(5)産業の振興に関すること
(6)長野県の森林づくりに関すること
(7)教育・文化・スポーツの振興に関すること
(8)その他両者が合意した事項