日本生命保険相互会社は、国内の保険会社として初めて、外国為替取引において、CLSを通じた決済を開始したと発表しました。

CLS(Continuous Linked Settlement)とは、市場安定化を目的に設立された為替決済のための金融市場インフラで、CLS決済は国際的に為替取引の主流となっています。同社によれば、「CLS決済によりこれまで取引先ごとに行っていた為替決済について、全ての支払/受取取引の差額決済とすることができ、外貨建投融資に係る資金繰りの効率化が実現できる」ということです。

また、同社は併せて、為替取引の事務処理を自動化し、正確で迅速かつ効率的な事務プロセスの構築を目指すということです。