日本生命保険相互会社は、国際金融公社が私募形式で発行するソーシャルボンドに、1億米ドル(約114億円)投資したと発表しました。

この債券によって調達された資金は、途上国における小規模農家向けアグリビジネス、低所得層の学生向け教育、低所得層が支払い可能な医療サービス、新興市場において女性が経営する企業に融資する金融機関などに対する支援に使われます。同社は、今回の投資によって安定収益を確保するとともに、投資資金が途上国の社会課題解決への助けとなることを期待しているということです。