日本生命保険相互会社は、General Elektric Company社傘下のGE EFSエナジー・ジャパン合同会社が組成する国内再生可能エネルギーファンド、「EFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合」に100億円の投資を行うことを発表しました。

日本生命はこれまでも環境や社会に資する債券(ESG債)や、再生可能エネルギープロジェクト等への投融資を行ってきましたが、今回は初めての国内インフラファンド投資ということです。同社によれば、このファンドは国内の太陽光発電事業向けのファンドとしては最大となる750億円を予定しており、今後取得資産を通じて、約13万3,000世帯分相当の約400MWの消費電力が賄われる見込みです。