日本生命保険相互会社は、慶應義塾大学先端生命科学研究所発の株式会社サリバテックと、新たな健康増進支援サービスとして、疾患を早期発見できる可能性のある検査技術開発への協力等について合意したと発表しました。

日本生命は、生活習慣病予防の啓発や早期発見の促進に貢献するため、ベンチャー企業や大学研究室等の「疾患を早期発見できる可能性のある検査技術開発」への協力を始めました。その第一弾として、サリバテック社の検査技術開発に協力し、がんの予防意識向上や早期発見に資する新たな検査技術を用いた健康増進支援サービスの提供を検討することとなりました。

日本生命とサリバテック社の業務提携項目は以下の通りです。
(1)疾患を早期発見できる可能性のある検査技術開発への協力
(2)(1)を用いた健康増進支援サービスの提供を検討
(3)保険商品・保険関連サービスの共同研究に関する可能性の協議

また、日本生命はヘルスケア事業の取組を加速するため、2017年10月1日付で、営業企画部に「ヘルスケア事業開発T」を新設し、ヘルスケア事業に関する戦略企画、推進機能、ヘルスケアデータの分析、運用機能などを一元化するということです。