日本生命保険相互会社は、フランスの大手民間金融機関であるBPCEが私募形式で発行するヘルスケアボンド(医療・介護支援債権)に50百万米ドル(約56億円)の投資を実施したと発表しました。

同社は今回発行されたヘルスケアボンドについて、「フランス国内の地域医療機関・保健施設・社会福祉施設への融資や在宅医療・介護活動への支援を資金使途とするものです。当社は、今回の投資が高齢化の進行により地域医療・社会福祉の重要性が高まるフランス国内における地域社会の活性化や社会課題の解決の一助となることを期待しています。」としています。

同社は、中期経営計画の中で成長・新規領域へ、4年で1.5兆円の投融資を目指しており、ESG(環境、社会、ガバナンス)債へも2,000億円の投融資を目標としています。社会貢献領域への投資であるヘルスケアボンドもその一つの位置づけであるということです。