日本生命保険相互会社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、日本生命の顧客向けにニッセイ個人賠償責任プラン「まるごとマモル」を協同で開発し、2018年11月1日(保険責任開始は2019年1月)から発売すると発表しました。

ニッセイ個人賠償プラン「まるごとマモル」の主な特徴は以下の通りです。
1. 日常生活の賠償事故を無制限で補償(示談交渉付)します。
2. 同居の家族、別居の未婚の子だけでなく、別居の父母の賠償事故も補償します。
3. 電車等との接触がない「運行不能事故」も補償します。

保険期間は1年、個人賠償責任補償保険金額は無制限(国外:3億円)、死亡保険金額は10万円、また、付加できる特約は携行品阻害保障特約およびホールインワン・アルバトロス費用補償特約です。年間保険料は基本プランが1,990円、携行品プラン(本人型)が3,140円、携行品プラン(家族型)が4,410円、ゴルフプランが5,660円となっています。

近年、自転車事故で高額の損害賠償額が認定されたことで、自転車保険の加入を義務化する自治体が増えているほか、別居の老親が線路内に立入って電車運行を止めてしまったケースなど、さまざまな賠償リスクに関心が高まっています。そこで、両社は全ての顧客に提案できて、日常生活の賠償リスクに備えられる「まるごとマモル」を開発しました。

文: 蟹山淳子