日本生命保険相互会社のシステム子会社であるニッセイ情報テクノロジー株式会社と収納代行子会社であるニッセイ・カードサービス株式会社が、合併契約を締結したと発表しました。

日本生命プレスリリースによれば、合併の目的は「ニッセイ情報テクノロジーの情報技術とニッセイ・カードサービスの収納代行事務を融合し、収納代行事業の効率化を図ることを通じて、事務サービスの更なる高度化を進めます」ということです。

合併は、ニッセイ情報テクノロジーを存続会社、ニッセイ・カードサービスを消滅会社とする吸収合併方式が取られ、2018年1月1日をもって合併となります。