日本生命保険相互会社は、アフリカ開発銀行*が発行するテーマ型債券「Improve the quality of life for the people of Africa」へ投資(1万ドル、約114億円相当)したことを、2016年12月14日に発表しました。

今回アフリカ開発銀行から発行された債券「Improve the quality of life for the people of Africa」は、アフリカの人々の健康状態の大幅な改善や生活の質向上、および経済の持続可能な発達を目指すものです。

これからも、日本生命は地域・社会や環境との共生、経済・企業との安定的な成長共有の観点から、ESG領域への投融資を進めていきたいということです。

*アフリカ開発銀行
主に領域内加盟国の持続可能は経済開発及び社会的進歩を促進し、その結果として貧困の削減に貢献することを目指しています。こうした目的のために、内部・外部資金を活性化・動員して投資を促進しているほか、域内加盟国の開発に向けた活動を支援するため、技術面と財政面で援助を提供しています。

http://afdb-org.jp/

http://www.nissay.co.jp/news/2016/pdf/20161214.pdf