損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した事故受付・事故対応サービスを2018年10月から開始したと発表しました。

同社は事故の連絡やその後の手続き手段に「LINE」を活用するトライアルを、2018年6月から一部地域で実施していましたが、利便性の高さや迅速な対応などに高い評価を得られたこと、また、保険金支払において顧客対応に要する時間が電話に比べ約50%削減される効果を確認できたことから、全国の保険金サービス拠点へ順次拡大することが決まりました。

海外旅行保険(一部商品を除く) 、自動車保険、傷害保険、火災新種保険を対象として、事故受付・事故対応時にお客さまと担当者がテキストチャットや画像のやり取りを行うサービスが始まりました。海外旅行保険では、24時間・365日の事故の連絡が可能となります。

文: 蟹山淳子