損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、加入者接点を拡大するために、「ショートメッセージサービス(SMS)」を活用した情報配信を開始したと発表しました。

同社は、2017年6月に公表した「お客さま本位の業務運営方針」に掲げた「お客さまの最善の利益追求」を実現に、継続して取組んでいます。この取組みの一環として、SMSによる情報配信を開始することとなりました。加入者にとって身近な連絡窓口である携帯電話・スマートフォンに、大切な情報をタイムリーかつ確実に届けることで、加入者の利便性向上を目指すということです。

サービス内容は、同社に携帯電話番号を登録している契約者に、保険料口座振り込みができなかった場合のお知らせと、給付金の請求に関するお知らせを送信することです。