損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、生命保険のその先、「健康応援企業」への変革を目指し、健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を展開していますが、新たに2社とパートナーシップ契約を締結し、Linkx会員向けサービスを拡充すると発表しました。

同社は「お客さま本位の業務運営方針」に掲げる「お客さまにふさわしい商品・サービスの提供」の実現に向け、Linkxを展開しています。このLinkx会員向けに魅力あるサービスを提供するため、健康増進やライフイベントを充実させる企業とパートナーシップ契約を締結することとなりました。

パートナーシップ契約を締結したのは、株式会社ユカシカドと株式会社NOMALの2社です。ユカシカドが提供するのは、尿を送るだけで15項目の栄養状態が分かる「VitaNote」で、Linkx会員は1回限りですが半額で検査を受けることができます。またNOMALが提供するのは、専門家にPC、スマホ、LINEからいつでも匿名で悩み事を相談できる「Reme」で、Linkx会員は月額10%割引で利用することができます。