損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、健康経営の高度化を目的として、東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)自分で守る健康社会拠点カラダ予想図プロジェクトチーム(東大COI)が行う生活習慣改善の研究に参画すると発表しました。

東大COIの研究では、ウェアラブル端末とアプリ「カラダ予想図」を活用した健康サポートプログラムの検証を目的の一つとしています。同社は2016年4月からFitbit社製ウェアラブル端末を約3,000名の社員に配布し、健康経営を実践していることから、この度の研究に参画することとなりました。

具体的な取組みとしては、同社社員のウェアラブル端末から収集した活動データと健康診断データを東大COIに提供し、データの集団解析やリスク解析を行った結果に基づき、同社の健康経営に対してアドバイスを行います。また、健康指導を必要とする同社社員に対し、ウェアラブル端末とアプリ「カラダ予想図」を通じて個人の状態に適した指導を行います。同社は、研究で得た知見を健康経営の高度化に活用するとともに、新たな分析を重ねて商品・サービス開発に活用するということです。

文: 蟹山淳子