損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、2018年10月に業界初となる、契約が失効してしまった場合に一定期間であれば未払込保険料のご入金で保障を継続できる制度を導入すると発表しました。

同社は、「健康応援企業」への変革を目指すことを目的とし、顧客の声を起点とした業務改善のPDCAサイクルを構築し、業務の品質向上に取り組んでいます。これまで、一度失効した契約を復活させる手続きには、改めて既往症に関する告知が必要でした。それに対し、顧客から「長年保険料を支払い続けてきたのに、一度保険料払込を失念したことで再度告知が必要になるのは納得できない」という声が多く寄せられていました。そこで、失効後に一定期間であれば、未払込保険料を入金すれば、保障を継続できる「失効取消制度」を新設しました。

「失効取消制度」とは、失効取消期間(保険料払込猶予期限の翌月末まで)に未払込保険料を払い込めば、失効が取り消されて失効時に遡って保障が継続する制度です。その際、告知書を提出しないので、既往症に関する告知は不要です。制度が適用されるのは、2018年10月1日以降に失効した全契約です。また、失効取消制度適用後は、失効日に遡って保障が継続するため、失効取消期間内に発生した保険金等の支払事由でも保障の対象となります。ただし、失効取消期間を超過してしまうと、従来どおりの復活の手続きが必要となります。

文: 蟹山淳子