損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、2017年8月1日より、健康経営の取組みとして、全社を終日禁煙化し、社員の禁煙に向けた取組みをサポートすると発表しました。

同社はこれまでも毎週水曜日を禁煙デーと定め、本社ビルの喫煙所を閉鎖することで禁煙化に取り組んできましたが、今後は、全国131カ所の営業拠点を含む全社の占有スペースを終日禁煙とすることとなりました。また、今後は社員の禁煙化をさらに進めるため、禁煙治療費の一部負担、禁煙支援に向けた社内イベントやセミナーの開催、本社喫煙スペースを健康増進スペースにリニューアル(予定)などを行います。「健康応援企業」への変革を図るため、まず社員とその家族の健康維持・増進が重要であるとの考えのもと、「健康経営」の取組みを加速させていくということです。